美容系アンテナメディア PENTOSCISSOR ペントシザー

PENTOSCISSOR 美容系アンテナメディア

コラム

NGもあり?美容師がもらって嬉しい差し入れのお話。

投稿日:2020-08-15 更新日:

こんにちは、ゆたろです。

年に何度か通う美容室があり、担当の美容師も決まっていると「差し入れをした方がいいか」と思った経験がある人もいると思います。
美容師をしているとありがたいことに差し入れをもらうことがありますが、差し入れは絶対しなければならないことではありません。




それでも気持ちとして差し入れをしようと思う人たちの悩みについて、美容師がされて嬉しい差し入れを紹介していきます。

無難で堅実!ハズレの少ない食べ物系


お菓子

まず間違いなくハズレないものは、定番ですがお菓子です。
このときのお菓子は小分けされているものが良いです。
予約が埋まっていると営業中になかなか休める時間がないので、少しの空き時間に手軽に食べれる小分けされているお菓子は重宝されます。

休日が少ない美容師はあまり旅行などの遠出ができないので
地方のお土産でもらうご当地お菓子などは普段食べることができないのですごく嬉しいです。

スタッフともシェアができて、持ち帰りもしやすいのでお菓子はオススメです。

アイスや飲み物

アイスや飲み物なども差し入れにオススメです。
美容師は室内仕事なので冷暖房が効いている所で働いていますが、スタッフが休憩するバックルームは夏は暑かったり冬は寒かったりします。
そのため暑い夏にもらうアイスはすごく嬉しいです。

飲み物はコーヒーやエナジードリンク、お茶を選べばまず間違いないです。習慣的に飲んでいたり、カフェインで目をスッキリさせる人も多いので好まれています。
お茶やジュースでも問題はないです。
流行りのカフェの飲み物などは、日中仕事のため飲む機会がなかなか多くないのですごく嬉しいです。

アイスや飲み物は冷蔵庫で保存しやすいので差し入れとしてオススメです。

パンやドーナツ
美容師はお店の近くのコンビニやスーパーなどで御飯を済ますことが多く、食べるものが固定され代わり映えしなくなります。
そんなときにパンやドーナツの差し入れをもらえると、普段と違うものが御飯としても食べることができて気分も変わるのでオススメです。
主食にもなり、おやつとしても食べることが出きるので喜ばれます。

ただパンの差し入れをする時に注意点があります。それはカレーパンなどの惣菜系のパンや、ファーストフードのハンバーガーなどは匂いが強いので避けたほうがいいです。

食べ物系の差し入れをする際は
・小分けされていれシェアしやすいもの
・手軽に飲食できるもの
・日持ちするもの
が比較的に喜ばれてオススメです。

避けたほうがいい食べ物は
・匂いが強く接客する時に影響されるもの
・生ものやスイーツなどの鮮度が良いうちに早めに食べなければならないもの
・手作りのもの
は敬遠されるので避けたほうがいいです。

少し難易度高め?プレゼント系

ハンドクリーム
シャンプーなどの水仕事や薬剤などでの手荒れに悩んでいる美容師(特にアシスタント)は多いです。
接客、施術をするうえで手をキレイな状態にキープさせることを、日常的に心がけているのでハンドクリームは喜ばれます。

営業中のシャンプー後などに毎回ハンドクリームを使用することができるわけではないですが、ポケットやシザーケースに入れられる持ち運びしやすいコンパクトなサイズで、缶などのフタ付きのタイプではなくチューブタイプで素早く使えるもののほうがオススメです。
使用後に手のベタつきがあまりないものだと尚良いです。

ディフューザー
癒しグッズとされるディフューザー。
家に寝に帰るだけの美容師は多く、家での時間を大事にしている人は多いです。その数少ない時間のなかで、リラックスできる癒しを促進してくれるディフューザーは喜ばれます。

差し入れで渡すときはアロマディフューザーではなく、リードディフューザーのほうがオススメです。
リードディフューザーは置くだけで使用でき日常的に使っていない人でも一時的に香りを楽しむことができます。インテリアとしてオシャレアイテムにもなります。
ただ香りを楽しむものなので、渡す相手の好きな香りをリサーチする必要があります。美容師は匂いにこだわっている人は少なくないので、ざっくりではなくしっかり聞き出したほうが失敗は少ないです。

ギフトカード
迷いに迷ったら最終手段として出てくもの。それがギフトカードです。
定番のQUOカードやスタバ、タリーズなどのカフェで使えるお手軽なものから、JCBギフトカードや百貨店ギフトカードといった幅広いところで使えるものがあります。
今ではネット通販が主流になってきているのでAmazonギフトカードもオススメです。

ギフトカードは美容師問わず喜ばれます。
ただ、ものではなく現金をカードにして渡すので生々しさ出てしまいます。なので何かしらお祝い事などのきっかけがあるときに渡すのが好まれます。

差し入れで避けるべきもの

大前提として差し入れをもらえるのはとても嬉しいことです。
ですがもらってリアクションに困るものもあります。
・高価なもの
美容師との付き合いが長い場合やプライベートでの親交がないのであれば避けておきましょう。

・手作りのもの
親しい間柄でも手作りの料理などに抵抗をもつひとも多いので避けておきましょう。

・恋愛感情が込められているもの
仕事上関係性を近くすることを避ける美容師は多いのでフラットな気持ちで渡しましょう。

最後になりますが、差し入れをもらえることは嬉しいですが
数多くある美容室のなかで、選んで来てもらえることが1番嬉しいことです。
何か差し入れをしよう。という気持ちだけでも十分です。
綺麗事を並べた感じは否めませんが、差し入れを迷っているひとは参考にしみてください。

The following two tabs change content below.
ゆたろ

ゆたろ

西川ゆすけの右腕。 歌舞伎町美容室ノーラスナブでフリーランス美容師として活動中

おすすめ記事一覧

-コラム

Copyright© PENTOSCISSOR 美容系アンテナメディア , 2020 All Rights Reserved.