美容系アンテナメディア PENTOSCISSOR ペントシザー

PENTOSCISSOR 美容系アンテナメディア

レビュー ワックス

【ワックスレビュー】ニゼル フリックワックス

更新日:

今回レビューするのはこのワックスです!
ミルボンから発売されてる【ニゼル フリックワックス】。
以前レビューしたニゼルのグラスプと同じシリーズですね。

ニゼルグラスプワックスのページはこちら

 




このワックスのポイント


引用:https://www.milbon.co.jp/brand/detail/54

・ニゼル フリックワックス
・クリームタイプ
・毛先の仕上げ向け
・80g 1600円 (30gもあります)
・ドンキ、ロフト等でも取り扱い確認済み(一部地域を除く)
・オススメ度 ☆☆☆★★

 

スペック

セット力
☆★★★★
ツヤ
☆☆☆☆★
毛束操作
☆☆☆★★
馴染みやすさ
☆☆☆☆★
引っかかり
☆☆☆☆☆
洗い落とし
☆☆☆☆☆

軟毛との相性
☆★★★★
硬毛との相性
☆☆☆☆★

セット力はほとんど無いタイプ。
コテやアイロン操作の仕上げとして使えるワックスです。



最後の決め技として

同じシリーズのニゼルグラスプワックスと違い、こちらはセット力がほとんどありません。
こういうワックスは結構数多くありまして、メンズの場合は「どこで使えばいいんだろう?」と思うような造りをしています。
形をつくりあげていくセット力の強いタイプのワックスに対して、形を崩していくことでスタイリングするワックスの種類といえます。

コテやアイロンを使いクセを付けた髪を、ほぐしていくようにして馴染ませると
ふんわりした空気感と程よい毛束感がつくれます。
なのでどちらかというと女性や長い髪をセットする時に使うものですね。
なにもワックスというのは髪の毛を逆立てるだけにあるわけではないと、そういう感じです。


中身はこのようになっていて、見てわかるようにかなり柔らかいのと粘着質な触り心地です。
触ったらプルルンとした弾力もあり、適度に水分量もあるのでアイロン等の熱によって奪われた水分を補ってくれます。
これによって、自然なツヤのある仕上がりにできますので、最後にちょいちょいっと使うのに適しているといえます。

混ぜても使える

このタイプのワックスは、先ほど言ったとおり女性の髪を仕上げるのに使う事が多く
メンズセットにおいてはあまり存在感を出せません。
というのも、これ一つでセットしようとするにはちょっと無理があり、余程の硬毛やパーマのグリグリにかかった髪でない限りは相性はとても悪いです。
ですが他のワックスと混ぜてみると、意外にもかなり使いやすく融通の効くワックスに変身してくれるのです。

基本的には、混ぜれば混ぜるだけセット力を落としノビを良くしてくれます。
これだけでお気づきの方、もしくは具体的な配合例を思いついた方は相当セットが上手い方でしょう。
そう、ハードなワックスと混ぜると髪の毛の引っかかりを軽減してくれたり、ツヤの無いワックスにツヤを出してくれます。
ワックスの薄め剤と考えてもらえれば分かりやすでしょうか。

具体的な配合としては
ハードなワックスと1:1で混ぜると、伸びがよくなってセットしやすくなります。
引っかかりも軽減され、毛先をまとめる力も強くなる一番オススメな配合です。

ハードなワックスと2:1で混ぜると、いつもと違った柔らかい質感を出すことができます。
より空気感を出したいとき等にオススメですし、髪の痛みが気になる方はこれくらい混ぜるのが良いと思います。

髪の乾燥やまとまりが無い髪をセットする時の解決策になるでしょう。
ツヤや髪同士をくっつける力を助けてくれるので、セットのしやすさは段違いになります。

ワックス界トップクラス


ちなみに見てください、この粘り気。
実はこのフリックワックス、数あるワックスの中でも特に取りづらいワックスとして有名です。
ゲル状なので指ですくおうとすると指から逃げていく、とても珍しい感覚を味わえます。
言葉で説明するには難しく、是非手に取って感じて頂きたいと思っております。

一発で狙った量を取るには、少しコツが要る。そんなワックスでした。




 

購入はコチラ

過去の記事



おすすめ記事一覧

-レビュー, ワックス
-

Copyright© PENTOSCISSOR 美容系アンテナメディア , 2019 All Rights Reserved.