美容系アンテナメディア PENTOSCISSOR ペントシザー

PENTOSCISSOR 美容系アンテナメディア

レビュー ワックス

ミューヴル D7(黒)

投稿日:2018年8月6日 更新日:

twitterやYOUTUBE等、SNSメディアに力を入れてる感じのチューブタイプワックス。
あまり知られてないですけど販売元は株式会社多田という美容ディーラー。




このワックスのポイント


・ミューヴル ドライワックス D7
・マット/クリームタイプ
・ナチュラル向け
・80g 1,300円
・ドンキ・ロフトで取り扱いあり
・公式サイト http://meuvle.jp/index.html
・オススメ度 ☆☆☆★★

 

スペック

軟毛との相性
☆☆☆★★
硬毛との相性
☆☆☆☆★

ゆすけ
少し珍しいチューブタイプのマットワックス。 強めのセット力とツヤの出にくいフワっとした質感に向いてます。



チューブタイプにしてはツヤが少ない

チューブタイプはその形状から、水分や粘度調整剤が入る分
どうしてもワックス自体が柔らかくなるのでツヤが出やすくなります。
(柔らかくないとチューブから出てきにくいため)
なのでマットタイプとは相性が悪いように思いましたが
使ってみると案外ツヤは無く、しっかりマットワックスでした。

他のミューヴルシリーズに比べて、ポロポロ崩れていきそうな質感。
マットタイプ特有の質感ですが、それに加えて少し粘り気があるように感じます。

髪への馴染みが抜群に良く、マットタイプの中でもトップクラスです。
自然に髪の毛へ馴染んでいくので、ムラになりにくい造りです。
髪への引っ掛かりは多少感じますが、ストレスを感じる程でもなく気にならないと言っていいでしょう。

似ている質感のワックスとしてメドゥーサのマットロックが挙げられます。
ただあちらはクレイタイプ、こちらはクリームタイプなので差別化はされていますね。

中間層にはバッチリハマる

D7の特徴は、「マットタイプの割に○○○…」といった
既存のマットワックスと比べる事で良さが発揮される部分にあると思います。

例えば
・マットタイプの割にノビがいい
・マットタイプの割に毛がまとまりやすい
・マットタイプの割に洗い落ちが悪くない

という形で、他のワックスには無いかゆい所に手が届くような仕様になっております。
前述にある通り、マットタイプで柔らかいという特徴から
毛と毛がまとまりやすく束が作りやすい傾向にあります。

裏を返すと、少し水分量が多いので若干のツヤが出たり
少し重くなってへたりやすくなる部分も見受けられます。
凄く軟毛、凄く硬毛の人には合わないと感じる部分もあるでしょう。
それ以外のやや軟毛からやや硬毛の中間層にはバッチリハマるワックスと言えます。

群雄割拠のマットワックス界

マットタイプといえば強めのセット力を求める人が多く
それに応えるように各社色々なコンセプトでマットワックスを開発されています。

日々進化し、使いやすく改良を重ねられているわけですが
その中でこのD7が何か圧倒的な部分があるかといえばそうでもなく
中間層にハマるが故の物足りなさを感じる部分もあります。

セット力が欲しい人にはあと一歩
毛束のまとまりが欲しい人にはあと一歩
つまり、それぞれ代用として他のワックスで補えてしまうという欠点があります。

様々な優秀なマットタイプが群雄割拠する中
スタメンを張るには少し厳しいような
でも起用法によってはちゃんと期待に応えてくる、そんなワックスだと思います。

ゆすけ
モノトーンの見た目はかっこいいですね




 

The following two tabs change content below.
アバター

西川ゆすけ

「美容師と副業」をテーマに、いかに長く美容師を続けるかのために副業を探す現役美容師。美容師・youtuber・オンライサロン主宰のたくさんのわらじを履く人。
アバター

最新記事 by 西川ゆすけ (全て見る)

おすすめ記事一覧

-レビュー, ワックス
-, , ,

Copyright© PENTOSCISSOR 美容系アンテナメディア , 2020 All Rights Reserved.